忍者ブログ
アメリカ、NC州の州都ラレーの日本語教会の牧師をしているマスタージッコ。昔取った杵柄、喫茶店のマスターの時の愛称は今も不滅!
 1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  6 |  7 |  8 |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今年のイースターは4月4日(日)でした。
教会では、できるだけシンプルなイースター記念礼拝を持ちました。
その中で、主の晩餐式(聖餐式)と子供たちの為のローソクだけの朗読劇、
特別讃美とメッセージというプログラムです。
その中の朗読劇を紹介します。


 

7本のローソクのお話」(朗読劇)

子供たちと共に(イースター礼拝にて)


  マタイの福音書 51416節 [新改訳聖書より]          

「 あなたがたは、世界の光です。山の上にある町は隠れる事ができません。 また、あかりをつけて、それを枡の下に置く者はありません。燭台の上に置きます。そうすれば、家にいる人々全部を照らします。

 このように、あなたがたの光を人々の前で輝かせ、人々があなたがたの良い行ないを見て、天におられるあなたがたの父をあがめるようにしなさい。」

「イエスさまの光を囲んだ6本のローソク」

6本のローソクはイエスさまを心から愛して、あかあかと燃えていました。

532e7886.jpeg

イエスさまが、ベツレヘムの馬小屋に生まれた夜、6本のローソクはイエス様のこの光から大きな喜びを頂きました。その喜びはロウソクの光となって、あかあかと燃え、この世を隅々まで照らしていました。

 
そのうちの1本目のローソクはあかあかと燃えてていましたが、イエスさまからふと目を離して、この世の楽しみに目をつけて、その方がずっと楽しいと思うようになり、燃えていた灯火をフッと消してしまいました。ローソクは5本になりました。


5
本のローソクはイエスさまを心から愛してあかあかと燃えていましたが、その中の1本のローソクは、自分がしてきた悪い事を思い出して、イエス様に愛される資格がないと思い込み、自分で灯火をフッと消してしまいましたローソクは。4本になりました。


4
本のローソクはイエスさまを愛してあかあかと燃えていましたが、その中の1本のローソクは、友達の為に灯火をともし続ける事がしんどくなり、自分で灯火をフッと消してしまいました。ローソクは3本になりました。

3本のローソクはイエスさまを愛して、あかあかと燃えていましたが、この世で名声を得たのでそれを守る事が何より大切だと思いこみ、自分で灯火をフッと消してしまいました。ローソクは2本になりました。

2本のローソクはそれでもイエスさまを愛して、あかあかと燃えていましたが、その中の1本のロウソクはお金を愛するようになり、自分で灯火をフッと消してしまいました。

ローソクは1本になりました。 このローソクは必死で、イエスさまを愛する愛にあかあかと燃えていましたが、いろいろ忙しくなったので、お祈りする事を止めてしまったので、サタンは簡単にその灯火を吹き消してしまいました。


「最後の1本になったイエスさまの光」

最後の光となったイエスさまの光は、他の6本のローソクの罪のゆえについに消されてしまいました。

しばらくして、消されたと思われたイエスさまのローソクから声が聞こえてきました。

「私が十字架にかかって死んだのは、あなたがたを罪から救うためだったのですよ」

「わたしは十字架の上で死んだけれど、復活して死に勝ったのですよ」

消えていたローソクは喜びに満たされました。そして再び光がともされる事になったのでした。



PR

家内が腎臓を悪くし透析を始めるようになってから、食事や食品にはとても気を配るようになりました。

たんぱく質を沢山取らなければならないこと。しかし、カリウムの含有量の多いものは食べられない事など、今までの食生活を根本的に変えなければならなくなりました。かといって、私にはカリウムが多く含まれる生野菜や果物は必要な食物です。ある年齢を越えると、コレステロール値があがったり高血圧になりやすくなります。そんな中で、保険会社の看護師のカウンセラーからアドバイスされ、意識的に替えたものがオリーブオイルの使用です。

 

オリーブは日本人にとって、そう身近な食品ではありませんが、その果実にはカルシウム・ナトリウム・カリウムなどのミネラル分、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンC、ビタミンE、繊維質、植物性スクワラン、ポリフェノール、 オレイン酸、リノール酸』など、多くの有効な天然成分をたっぷり含んでいます。供給源としても優れており、体力を回復させ健康を維持する強い味方と言われています。特に『ポリフェノール』 には雑菌の繁殖を抑え、体内の酸化を防止する重要な働きがあるそうで、老化防止・ガン予防・動脈硬化、各種炎症、アレルギー疾患に有効であるそうです。これで、若さが維持できれば感謝ですが、やはり食品だけでなく適度な運動など、バランスが必要でしょう。私はそのところを努力する必要があります。

 

 オリーブオイルは植物油なので、もちろん主成分は『脂肪酸』ですが、『脂肪酸』の中でもオリーブは 『オレイン酸』 を一番多く含んでいるそうで、家内は私のためにもと、先週からりんごジュースにスプーン1杯のオリーブオイルを混ぜて一緒に飲みだしました。

 

また、『オレイン酸』は、悪玉コレステロールを減らし、善玉コレストロールを増やす働きがあることが明らかになっています。成人病予防・心臓疾病などの成人病予防に大きな効果があるそうです。主な効用は、コレステロールの低下、糖尿病の改善、血糖値の調整、血液の流動性を高める、消化吸収の促進、老化防止、骨の成長を助ける、動脈硬化の予防などで、高齢者の健康には必要なものばかりです。

 

ところで、このオリーブは聖書の中でもっとも古い時代から記されている植物です。なんと、聖書の中に151回も出てきており、聖書における最もポピュラーな植物のひとつです。地中海が主な産地ですが、春に白い花を房状に咲かせ、果実は緑から黒くなります。その実が食用となり、この実を絞ってオリーブ油が採れます。オリーブ油は食用、薬用、また儀式用に用いられ、神々の木と崇められています。

 

聖書では、大洪水の後放たれた鳩がノアの所にオリーブの葉をくわえてきたとあり(創世記811節)、オリーブをくわえた鳩は平和のシンボルとされました。 国連旗もオリーブの枝葉が地球を取り囲むデザインになっています。

 

また、イエスが過ぎ越しの食事の後、最後の夜を過ごされたオリーブ山は、文字通りオリーブ畑だった。イエスはゲッセマネの園で祈られましたが(ルカの福音書2239-46節)、ゲッセマネというのは「油しぼり」という意味で、ここでオリーブ油が作られていたのだ。オリーブは、イスラエルを祝福する7つの産物のひとつとされ、神の祝福と繁栄の象徴でもありました。

 

詩篇5289節にこのようなことばがあります。

「しかし、この私は、神の家にあるおい茂るオリーブの木のようだ。私は、世々限りなく、神の恵みに拠り頼む。

私は、とこしえまでも、あなたに感謝します。あなたが、こうしてくださったのですから。私はあなたの聖徒たちの前で、いつくしみ深いあなたの御名を待ち望みます。」

 

創造者である主は、私たちにこんなすばらしい植物を与えてくださっています。主を讃め称えます。

 

2009年の大晦日はChapel Hillの田中家へ集合。
今年はお嬢さん二人はCOへスキーに行っていて留守でしたが、昨年同様30名を超える人々で賑わいました。
年越しそばに、お餅、沢山の贅沢な心を込めた料理とデザート。
その上、お茶の先生がおられましたので、彼女の手作りの和菓子と緑茶。
お腹がはち切れそうな年越しでした。

田中家にはなんとTanaka.jpgもりっぱな鐘があります。
わざわざ、日本から作らせてアメリカに持ってきたもので、金沢の銑鉄用いて京都で作ってもらったものらしいです。

私たちクリスチャンは、すでにイエス様が罪の代価を支払ってくださっていますので、
除夜の鐘(108の煩悩を取り除く為の鐘)は必要ありませんが、
アメリカで日本作りの田中邸で、日本以上に日本的な大晦日と新年を迎えられることは感謝です。

日頃、山内家の家庭集会に集まっている方々やお友達とも久々にお会いでき良き一年の幕開けとなりました。3日の礼拝は、今年初めての礼拝になりますが、礼拝後にお雑煮とぜんざいで愛餐会を持ちます。恒例になっていますが、皆さん楽しみにしている日本人ならではの美味しい習慣です。我が家には12月から米崎唯さんが大学の寮の閉館の間ステイしていて、楽しい年始を送っています。

皆さんにとっても新しい年が祝福された年となりますようお祈りしています。
クリスマスおめでとうございます。
今年は、もうひとりの娘と一緒に静かなクリスマスを迎えようとしています。
コロラドで来年、主によって娘たちに初穂が与えられます。
大きな、大きな恵みのGiftです。

yokoi09.jpg

Jesus Is The Gift.


[新改訳]  ヤコブの手紙  1:17
「すべての良い贈り物、また、すべての完全な賜物は上から来るのであって、光を造られた父から下るのです。父には移り変わりや、移り行く影はありません。」


先日、Havelockで日本人の仲の良い姉妹が二人で十字軍の献金のボランティアをしていました。
Wal-Martの前で金を鳴らしながら赤い献金用のバケツを持って立つのです。
一人の姉妹は、つい先日主人が召されたところでした。
どんな状況でも、変わらず主に仕えられることは何と幸いでしょうか?
もう二人とも80歳の直ぐそば。

主からいただいた命を精一杯、捧げておられました。




代価を払う礼拝

私たちが完全なキリストのビジョンを握ったなら、そのビジョンは、私たちに存在の中心からの反応を要求します。私たちのすべての考えとことばと行動が、そ の方が主であることに対する応答となるのです。これが代価を払う礼拝であり、生きたささげものとしてささげる礼拝です。このような情熱をもって自らの礼拝 をささげ、献身の生き方によって自身の告白を証しした人がいます。それがウィリアム・ブース(William Booth)です。宣教と救済に心を定めたブースは、貧しい人々に仕える生き方を通して神への愛を現わしました。その生き方は素晴らしい実を多く結び、私たちは今日、全世界でその影響を実感しています。彼の成功の秘訣は何だったでしょうか。
「皆さんに秘密を教えて差し上げます。神様は私に関するすべてのことを握っておられました。私よりもずっと賢い人々、より素晴らしいチャンスを手にしてい る人々がいました。しかし、私は、自らの心にロンドンの貧しい人々を抱き、イエス・キリストが彼らとともになされるすべてのことに対するビジョンを持つよ うになりました。私が決断したまさにその日、ウィリアム・ブースのすべてを、神様がご自分のものとされたと考えます。そして、もし今日救世軍に何らかの力 があるなら、それは私の心のすべての神への思いと、私の意志のすべての力と、私の人生のすべての影響力を神が手にしておられるからです。」
彼の働きで豊かな実を結ばせた鍵は代価を伴う礼拝でした。最も意味があり、力強い礼拝はいつも代価を要求します。私たちの人生のすべてがその方の祭壇の上に置かれたのです。

ひれ伏す / マット・レッドマン Living Life 2006年12月号より


この曲はうたいつがれるであろうと思うすばらしい歌が、毎年何曲かあります。という曲です。平成全国学校音楽コンクール」課題曲にもなりました。海外にいると、なかなか日本の音楽事情も分かりませんが、コンクールの課題曲になったことで聞く機会がありました。メロディーも歌詞も、多くの若者たちが共感する曲です。今の十代の人たちにとって特に忘れられない曲となるでしょう。でいきものがかりと会場いっぱいで歌うコンクールの学生のコーラスで是非お聞きください。

いきものがかり作詞:水野良樹<作曲:水野良樹>
わたし”は今 どこに在るの」と 踏みしめた足跡を 何度も見つめ返す枯葉を抱き 秋めく窓辺に かじかんだ指先で 夢を描いた翼はあるのに 飛べずにいるんだ ひとりになるのが 恐くて つらくて優しいひだまりに 肩寄せる日々を 越えて 僕ら 孤独な夢へと歩く
 サヨナラは悲しい言葉じゃない それぞれの夢へと僕らを繋ぐ YELLともに過ごした日々を胸に抱いて 飛び立つよ 独りで 未来(つぎ)の 空へ僕らはなぜ 答えを焦って 宛ての無い暗がりに 自己(じぶん)を探すのだろう誰かをただ 想う涙も 真っ直ぐな 笑顔も ここに在るのに“ほんとうの自分”を 誰かの台詞(ことば)で 繕うことに 逃れて 迷ってありのままの弱さと 向き合う強さを つかみ 僕ら 初めて 明日へと 駆ける
 サヨナラを誰かに告げるたびに 僕らまた変われる 強くなれるかなたとえ違う空へ飛び立とうとも 途絶えはしない想いよ 今も胸に 永遠など無いと 気づいたときから笑い合ったあの日も 唄い合ったあの日も強く 深く 胸に 刻まれていくだからこそあなたは だからこそ僕らは他の誰でもない 誰にも負けない声を 挙げて “わたし”を 生きていくよと約束したんだ ひとり ひとり ひとつ ひとつ 道を 選んだ
 
サヨナラは悲しい言葉じゃない それぞれの夢へと僕らを繋ぐ YELLいつかまためぐり逢うそのときまで 忘れはしない誇りよ 友よ 空へ 僕らが分かち合う言葉がある こころからこころへ 声を繋ぐ YELLともに過ごした日々を胸に抱いて 飛び立つよ 独りで 未来(つぎ)の 空へ

♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
マスタージッコ
年齢:
62
性別:
男性
誕生日:
1955/10/13
職業:
牧師
趣味:
旅行、クラシック音楽鑑賞、将棋
自己紹介:
ノースカロライナ州ラーレーの日本語教会の牧師をしてます。最愛の妻と娘夫婦がいます。
ブログ内検索
アクセス解析
フリーエリア
Copyright ©  マスタージッコの部屋  All Rights Reserved.
* Photo by Kun   * Material / Template by tsukika    * 忍者ブログ [PR]