忍者ブログ
アメリカ、NC州の州都ラレーの日本語教会の牧師をしているマスタージッコ。昔取った杵柄、喫茶店のマスターの時の愛称は今も不滅!
 5 |  6 |  7 |  8 |  9 |  10 |  11 |  12 |  13 |  14 |  15 |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日は私の大好きなクリスマスのお話を紹介します。

ヨセフさんいかないで 
涙のち晴れ(生きる勇気がわいてくるストーリー集)」より


アメリカのある村に、白い十字架の、小さな教会があり
1172690166.jpgました。

日曜日の朝、やわらかな太陽の光のなかに十字架が浮かびあがると、カランコロン、カランコロンと、鐘の音が村中に響きわたるのでした。すると、あっちの家からも、こっちの牧場からも、聖書とさんび歌をかかえた人たちが姿を現わしました。おじいさんもおばあさんも、小さな子どもたちも、あかちゃんまでも、全家族そろって、白い十字架の教会にやってきました。こうして教会はいっぱいになり、村はからっぽになるのでした。

ある年の十二月はじめのことでした。クリスマスの日に毎年行なわれる、イエスさまの誕生劇を、その年は子どもたちが担当することになっていました。そこで、教会学校の先生たちは、子どもたちを全員集めて、その劇の相談をしました。そして、役割りを決めたのでした。

マリアさんが決まりました。
ヨセフさんも決まりました。
羊飼いさんたちも、東の博士たちも決まりました。
それに、牛さんたち、馬さんたち、羊さんたちも決まりました。
天の使いたちも決まりました。

こうして、子どもたち全員が、それぞれ自分の役をもらいました。
ところが、知恵おくれの子が役からもれていることに気がつきました。先生たちは、すぐに相談をして、その子のために、役をつくりました。それは、馬小屋のある宿屋の子どもの役でした。

セリフはーつ、「だめだ。部屋がない」
そして、うしろの馬小屋を指さすのです。
男の子はよろこびました。
「ぼくもイエスさまの劇に出るんだ。ぼくだって、劇に出るんだ」

「だめだ。部屋がない」
男の子はー日に何十回も、何百回もくりかえして練習をしました。くる日もくる日も練習しました。

待ちに待ったクリスマスの日がやってきました。

鐘の音が村のすみずみにまで、クリスマス礼拝の時間を知らせました。白い十字架の教会は、たちまちいっぱいになりました。

プログラムが進んで、いよいよ子どもたちのクリスマス劇です。
そうして、その劇も、最後の場面を迎えました。
長旅で疲れ果てたヨセフとマリアが、とぼとぼと歩いて、ベツレヘムにやってきました。陽はとっぷりと暮れています。そして、あの男の子が立っている宿屋にたどりつきました。

「すみません。私たちをー晩とめてください」
さあ、男の子の番です。おとうさんも、おかあさんも、教会学校の先生たちも、思わず手を組んで、神さまにお祈りをしました。
「神さま、うまくできますように・・・」

男の子は、大きな声でいいました。「だめだ。部屋がない」
それから、うしろをむいて、馬小屋を指さしました。

「よかった。じょうずにできた」
みんな胸をなでおろした直後のことでした。

馬小屋にむかって、肩を落として歩いていくヨセフとマリアをじっと見送っていたその男の子が、突然、ワァッと声をあげて泣き出したではありませんか。
男の子は走り出しました。そして、泣きながらマリアさんにしがみつきました。
「マリアさん、ヨセフさん。馬小屋に行かないで。馬小屋は、寒いから。イエスさまが風邪を引いちやうから、馬小屋に行かないで、馬小屋に行かないで」

教会学校の先生たちが舞台にとびあがりました。そして、マリアさんにしがみついて泣いている男の子を引き離しました。

劇は、だいじなところで、しばし中断してしまいました。

 

ところが、長い村の歴史のなかで、これほど感動的なクリスマス劇は、あとにも先きにもありませんでした。

PR

アメリカへの渡航、ESTAの認証を忘れると渡航できないかも

90日間までのビザなし短期滞在でアメリカに入国する際、事前にインターネットで申請して承認を受ける「電子渡航認証システム (ESTA)」が来年1月12日から導入され、申請が義務化されます。

 ESTAの対象はビザなしの90日以内の短期滞在者が対象で、専用のインターネットのサイトに住所、名前、逮 捕歴の有無などを記して申請し、問題がないと判断されれば承認されるシステムです。平成13年9月の米中枢同時多発テロを受けて制定された米国法に基づき導入されます。アメリカ当局は渡航の72時間前までの申請を推奨しているようです。

 定期航空協会によると、出発直前の申請では搭乗が認められないケースが生じる可能性もあるといますから、手続きを忘れずに。 


詳細はこちらをご確認下さい。
 
ESTA申請について】
電子渡航認証システム(ESTA
WEBサイトより申請できます。


電子渡航認証システム(ESTA)オンライン申請


ESTAオンライン申請方法 (日本語説明)

【お問い合わせについて】
ESTA
に関するお問い合わせについては、
こちらをご確認下さい。


米国大使館ホームページ


米国国土安全保障省(DHS)のホームページ

12月7日、Memphis近郊にあるGermantown Baptist Churchで10周年の記念礼拝が持たれた。

もう11年以上前になる。Memphisから来られた一人のアメリカ人の婦人と、BrentwoodにあるTN州の州連名事務所で持たれたESLの為のカンファレンスで名刺を渡したことがあった。彼女はその時、すでに10年以上に渡ってInternationalのMinistryで日本人を初め多くの方々に英会話をボランティアで教えておられた。
そのクラスから初めて日本人の夫人が信仰を持たれバプテスマを受けられた。

ある日、彼女が「どうして、ここには日本語の礼拝がないのですか?」と聞かれたそうだ。
彼女に日本語で礼拝を持ってあげたいと願ったM姉は、以前交換した名刺を思い出し、私に連絡をとって来られた。

「月に一度でいいですから、彼女の為に礼拝を持ってくれませんか」と言われた。

一人の生まれたばかりのクリスチャンの為に礼拝を持たせてあげたいという熱意に心を動かされ、この件を承諾した。この時、私が住んでいたMurfreesboroからは車で40号線を使って片道4時間の道のりだった。

最初の礼拝は1ヶ月「日本語で礼拝を持ちます。」という新聞広告と多くの兄姉の祈りに支えられ、なんとアメリカ人の兄姉も加わり40名近くの方々が集まった。
その日「月に一度ではなく、毎週礼拝を持たれたらいかがですか」という私の勧めに応えられ、献身的なクリスチャンの鈴木ファミリーを中心に定期的な礼拝が始まった。

あれから10年、神様の哀れみによって、無牧の中礼拝が守られている。

振り返ると、確実に主御自身が群れを育てておられる。
祈祷会や聖書クラス、求道者の為の家庭集会を定期的に持っておられ、互いに支えあいながら、熱心に宣教しておられる。
「成長させてくださるのは主である」という証しである。

私にとってこの経験は、必要としておられる主の民のところへは出かけずにはおられないという、聖なる渇きをいつも与えられている。そして、誰よりも恵みを受けているのは私自身であり、送り出してくださる教会である。

アンテオケの教会が教会の指導者であるパウロとバルナバを宣教に送り出し、初めてキリスト者と呼ばれる教会になったように、JBCが地域の宣教の発信地となることを心から願い、主の導きに従順していきたいといつも祈っている。

来年は新たに宣教地が加えられるが、主の喜ばれる、人々に恵みと祝福を運ぶ主のしもべでありたいと思う。

主がさらなる祝福と恵みを群れに与え続けられるであろう。ハレルヤ!!

clip_relgious003.jpgこのお話は、随分前にビリー・グラハム ミッションの月刊誌に掲載されていたもので、とても心に残り、ずっと私のクリスマスストリーの大切な例話として、覚えているものです。今日は、是非皆さんにシェアーしたいと思います。タイトルは「最後のわらくず」です。

最後のわらくず

●マクニール家の子供たち

どんよりした、いかにも冬らしい天気の日の午後、マクニール家の4人の子供たちはみな家の中に閉じ込められて、いつものように互いにからかいあったり、つまらないことで口論したりおもちゃのことでけんかしたりするしかなかった。

そんな時、エレンはうちの子供たちはもともと仲が悪いのかと思いたくなった。いやそんなことはない。もちろん時には兄弟げんかもするものだが、この頃うちの兄弟は特にとげとげしているようだ。特に年子のエリックとケリーは冬中喧嘩し続けようと決心しているかのように見えた。

ケリーが甲高い声で叫ぶ。「それちょうだい、わたしのよ。」「ちがうよ、ぼくのだよ。」とエリックが頑固に主張する。

エレンは二人の言い争いを聞きながらため息をつく。クリスマスは1ヵ月後に迫っているというのに、悲しいことにクリスマスの心がマクニール家の中には欠けていた。クリスマスは人が譲り合い、愛し合い、暖かな思いと幸せな心を味わえる季節のはずだった。

家庭には休日を楽しく過ごすために、ただの綺麗なプレゼントの箱や、ツリーの上に輝くキャンドル以上のものが必要だった。

1257583280.jpg金融バブルの崩壊によって、世界が様々な恐れて満ちています。
どうすれば平安を持つことが出来るのだろうか?
聖書は、それは「主を喜びとする」ことだと言っています。
ネヘミヤ記の8章10節には「主を喜ぶ事はあなた方の力です。」(口語訳)とあります。喜ぶことが力の源となるのです。
私たちは忙しい時代に生きています。世の中の、あまりのスピードの速さの為に、現代の生活は緊張の連続です。

詩篇46篇10節で、主は「静まって、わたしこそ神であることを知れ」と語りかけます。旧約聖書の律法を神から授けられたモーセは、ミデヤンの荒野で40年備えさせられた。パウロも、ルターもリンカーンも主との交わりが力となった。

救い主である主と交わる事を主は願われる。それは、主を喜びとすることである。しばらくデボーションの時をみことばから持ってほしい。あなたは、鷲のように力を得る事だろう。David Wilkerson博士は「日ごとのみことば」でこのように言っています。

主にあって喜びなさい

私たちの平安と満足感は、どんな状況にあったとしても、常に神様の御手にすべてを委ねることにかかっています。詩編の作者はこう記しています。「主に自らをゆだねよ、主はあなたの心の願いをかなえてくださる。」(詩編374

もしあなたが神様の御手にあなた自身を完全に委ねるなら、すべてのいかなる困難をも耐え忍ぶことが出来ます。あなたのお父様は、あなたがすべてを神様の御手に委ね、日常生活を恐れや不安なしに送ることを望んでおられます。そしてあなたの神様に対する信頼は、あなたの人生において、目に見える効果をもたらします。神様にすべてを委ねれば委ねるほど、あなたはあなたを取り巻く環境が気にならなくなるでしょう。

もしあなたが神様に委ねているなら、 いつも次の行動を計画しようと躍起になることはありません。あなたの近くで起こっている恐ろしいニュースを聞いても、不安に駆られることはないでしょう。 あなたの人生も家族も将来も、そのすべてが主の愛と安心に満ちた御手にあることを信じるなら、将来の日々に押し潰されることもありません。

羊飼いの後をついて行く羊たちが、どれ程心配と不安に満ちていると思いますか。ゼロです。羊飼いの導きに完全に委ねきっているからです。同様に、キリストは 私たちの素晴らしい羊飼いで、私たちはその羊です。だとすれば、なぜ私たちは人生や将来のことを恐れたり、それに心を乱したり、心配したりする必要がある でしょうか。私たちの羊飼いは、愛によって導いて下さるので、どうやって私たちを守り、その群れを保護すればよいか、完全に御存知なのです。

私は人生を通して、問題が起こる度に、どうやって神様を信頼すればよいかを学ばされました。考えてみて下さい。もし私がある一つのことを神様に委ねられていないなら、どうして神様にすべてを委ねていると言うことが出来るでしょうか。ただ「私は主に完全なる信頼をおいている」という言葉を発するだけでは、十分 ではありません。私は何度も何度も、私の人生におけるたくさんの分野で、また日常茶飯事において、これを確かなものにしなければいけませんでした。

多 くの人々は、他に抜け道が全くなくなってしまった時になって初めて、「私は任せている、委ねている、信じている」と言います。しかし本当の委ね、神様が喜 ばれる委ねとは、どうしようもなくなるその前に、自ら喜んで委ねることです。私たちは、アブラハムが神様に人生のすべてを委ね、神様がそのすべてを満たされるままに進んだ様に、主の御心に適うことを行うべきです。
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
マスタージッコ
年齢:
62
性別:
男性
誕生日:
1955/10/13
職業:
牧師
趣味:
旅行、クラシック音楽鑑賞、将棋
自己紹介:
ノースカロライナ州ラーレーの日本語教会の牧師をしてます。最愛の妻と娘夫婦がいます。
ブログ内検索
アクセス解析
フリーエリア
Copyright ©  マスタージッコの部屋  All Rights Reserved.
* Photo by Kun   * Material / Template by tsukika    * 忍者ブログ [PR]