忍者ブログ
アメリカ、NC州の州都ラレーの日本語教会の牧師をしているマスタージッコ。昔取った杵柄、喫茶店のマスターの時の愛称は今も不滅!
 90 |  89 |  88 |  87 |  86 |  85 |  84 |  83 |  82 |  81 |  80 |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

GoldenとLakewoodの街のはずれの山側に娘夫婦のアパートがあるが、彼の職場までは歩いて行ける距離で、毎日徒歩通勤している。コロラドに来て驚いたことのひとつに、バイカーの多いこと。類君の職場のチームの中でも二人の女性が、毎日1時間近くかけて自転車で通勤している。
アパートの裏山は職場のNRELとも面しており、家のベランダからはNRELの建物がよく見え、山に登ると全景が見渡せる。今、新しい研究施設も建設中で、エネルギーの研究所は益々脚光を浴びている。つい先日、日本の国営エネルギー研究機関とも提携したと言う。国際色豊かで様々な国の研究員が働いている。大きな研究機関だが、日本人は一人だそうだ。今後、日本から研究者が派遣されることになるようだが、ある意味で彼の働きぶりは、日本の研究者を代表している。

クリスチャンも日本では職場で一人であることが多いが、その人はクリスチャンを代表していると言っても良いだろう。彼は主に仕えるように、一生懸命職場で仕え、教会で仕えている。娘にも、家内にも愛情いっぱい仕えてくれる。神にあって義理の息子を得たことは、変えがたい祝福である。
続けて主の祝福を祈っていこう。それが御心であるから・・・。

ところで、こんな話を読んだことがあります。

サイラスはパリで機械の販売をてがけている商人だが、聖書をいつもポケットに入れているほど神のことばを愛していた。


このために人々からの信用も厚く、従業員を多く使って商売は繁盛していた。

ある週末、仕事が終わったときサイラス社長は従業員を集めて言った。

「ここに聖書と銀貨を用意した。諸君が明日こころ安らかに過ごすために、どちらか好きなほうをあげよう」

従業員は社長の前なので決めかねていたが、勇気をだした一人が口を切った。

「社長の愛読書の聖書もひじょうにありがたいのですが、いまはお金が何よりも必要なので、銀貨をいただきます」

「けっこう。お金はひじょうに大切で役に立つものだ。必要なものだけに使ってくれ」といって十五フランを与えた。

それからは次から次と彼らは銀貨を選んでよろこんで帰っていった。最後には最近入ったばかりで、仕事を覚えようと一生懸命になって働いていた十五歳のハンネがいた。

「ぼくには聖書をください。毎朝、社長が読んでくださっている聖書のことばを、これで病床にいる母に読んで聞かせることができます。神さまのことばを聞いてどんなに母が喜ぶでしょう」

社長はたいへん喜んでハンネに真新しい聖書を渡した。彼は尊敬する社長が愛用しているものと同じ聖書が与えられて感動し、大急ぎで母のもとへ帰った。母に聖書をいただいたいきさつを話して聞かせながら、そっと表紙をめくった。

すると、キラッと光るものがはさんであった。なんと五十フランの金貨だった。

 「まことに、あなたがたに告げます。あなたがたも悔い改めて子どもたちのようにならない限り、決して天の御国には、はいれません。」(マタイの福音書18章3節)

少年の得たものは、誰が選んだものよりも価値があった。

「人はパンだけで生きるのではない」と言われたイエス様のことばが響きます。いのちのパンを選べば、必要は神様が備えてくださるのですね。このような経営者のいる職場は何と幸いでしょうか。何故なら主が経営者なのですから・・・・。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
マスタージッコ
年齢:
62
性別:
男性
誕生日:
1955/10/13
職業:
牧師
趣味:
旅行、クラシック音楽鑑賞、将棋
自己紹介:
ノースカロライナ州ラーレーの日本語教会の牧師をしてます。最愛の妻と娘夫婦がいます。
ブログ内検索
アクセス解析
フリーエリア
Copyright ©  マスタージッコの部屋  All Rights Reserved.
* Photo by Kun   * Material / Template by tsukika    * 忍者ブログ [PR]