忍者ブログ
アメリカ、NC州の州都ラレーの日本語教会の牧師をしているマスタージッコ。昔取った杵柄、喫茶店のマスターの時の愛称は今も不滅!
 33 |  32 |  31 |  30 |  29 |  28 |  27 |  26 |  25 |  24 |  23 |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日は二つの日々のみことばのホームページを紹介します。

ひとつは韓国のオンヌリ教会の長い間のミニストリーに毎日のデボーションを推奨する良いテキストがありますが、それはツラノ書店が発行するリビングライフです。

アメリカでは年間80ドルでカリフォルニアにあるツラノ書店に申し込んで手に入れることが出来ます。1ヶ月おまけの13か月分ですから大変お得ですし、長い歴史の中で内容も大変充実しています。

昨年から、教会で日曜日の成人クラスの教会学校のテキストに使っています。1週ごとに学びあえるようになっている付録の分かち合いのページを用いています。1週間学んだ内容をここで分かち合え、学びが深まります。

購入するのがベストですが、その日のデボーションの学びをネットで読むことが出来ます。

カリフォルニアの連絡先は Duranno USA TEL:(213)-382-5400、FAX:(213)-382-4222です。申し込みは電話で連絡を取り、送り先はFAXで申し込むと良いと思います。電話は韓国語で最初出られるかも知れませんが、日本語の話せるスタッフもおられます。当然英語はOKです。国際結婚の方には英語版、スペイン語版、中国語版などもありますので、夫婦で一緒に購入して学ばれるのも恵まれるでしょう。

リビングライフは聖書の書簡ごとの学びになっていますから、続けて数年学ぶと聖書全巻を学ぶことが出来ます。韓国ドラマで有名になったLOVE SONATAのリバイバル’ミッションはこの教会のミニストリーです。

日本語のホームページは最近出来たようです。E-mailに直接送ってもいただけます。

http://qt.swim.org/user_dir/japanlife/previous.html

ここからその日の日付で読むことが出来ます。過去の記事も読めます。

もうひとつ、これはアメリカのページですが、このページも主だった言語で読むことが出来ます。
このページはDavid Wilkersonのミニストリーのページです。大変恵まれます。

http://davidwilkersonjapanese.blogspot.com/

同じくE-mailで毎日送っていただく事もできますが、過去の記事も是非読まれることをお勧めします。
恵まれますし、みことばの理解も深まるでしょう。

この二つのページを朝、夕に学ぶと、今年の年間聖句の「みことばの乳を慕い求める」習慣が付き、聖書の学びも楽しいものになると確信しています。

是非、今日からでも始めてください。

祝福をお祈りします。

参考にDavid Wikersonのメッセージをひとつ添付しておきます。

パン屑

心を病んでいた娘をもった女性が、どうしてもイエス様に会いたいと懇願し続けました。結局、弟子達は仕方なく主に「主よ、彼女に帰るよう言って下さい。彼 女を追い払って下さい。私たちをずっとうるさがらせているのです」と頼みました。この女性に対するイエス様の応対を見て下さい。「イエスは何もお答えにならなかった。」(マタイによる福音書1523)明らかにキリストは、完全にこの状況を無視されました。何故そんなことをされたのでしょうか。イエス様 は、この女性の話が未来まで代々語り継がれていくと御存知であり、またその話を読むすべての人々に真実を解き明かしたいと、望んでおられたのです。ですか らイエス様は、この女性の信仰を試すためにこう言われたのです。「わたしは、イスラエルの家の失われた羊のところにしか遣わされていない。」(15 24)イエス様は、「わたしはユダヤ人の救いのために来た。どうして異邦人のために、彼らの福音を無駄遣いしようか。」と言われたのです。

こ の様な発言を聞けば、私たちのほとんどは諦めて家路についたことでしょう。しかし、彼女はたじろぎませんでした。あなたに尋ねます、祈りをどれ位で諦めて しまいますか。今までに何度、祈りに挫折し、「私は主を求めた。主に祈り、主に尋ねた。でも何の結果も得られなかった。」と言い訳を述べてしまったことが ありますか。

先の女性の応答を見てみましょう。彼女は不平を述べたり、主を侮辱したりして「イエス様、あなたは何故私を拒絶するのです か」と言ったりしませんでした。そうではなく、彼女は真逆の応対をしたと聖書が記しています。「しかし女は来て、イエスの前にひれ伏し、『主よ、どうかお 助けください』と言った。」(1525

この次に何が起こったかを読むのは、心苦しくさえ思われます。イエス様は再び、この女性をはね つけられました。しかも二度目の答えは、一度目の答えよりもさらに無情なものだったのです。イエス様は、彼女にこう言われました。「子どもたちのパンを 取って子犬にやってはいけない。」(1526)イエス様は、再び彼女を試しておられたのです。

母であるこの女性は、イエス様にこう答え ます。「主よ、ごもっともです。しかし、子犬も主人の食卓から落ちるパン屑はいただくのです。」(1527)何と驚くべき答えでしょう。この女性は断固 とした意志を表し、イエス様を求めることを決して諦めようとしませんでした。そしてイエス様は、彼女のこの姿勢を賞賛しました。イエス様は彼女に「婦人よ、あなたの信仰は立派だ。あなたの願いどおりになるように」と言われました。そして「そのとき、娘の病気はいやされた」と記されています。(15 28

愛する皆さん、私たちはパン屑で満足するべきではないのです。私たちには、困難を乗り越えるに必要なすべての恵みと憐れみが約束されているのです。そしてそれには、救われている家族も、まだ救われていない家族も、どんな家族の問題も含まれているのです。私たちは大胆に、キリストの御 座に近づくようにと、招かれているのですから。


PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
マスタージッコ
年齢:
61
性別:
男性
誕生日:
1955/10/13
職業:
牧師
趣味:
旅行、クラシック音楽鑑賞、将棋
自己紹介:
ノースカロライナ州ラーレーの日本語教会の牧師をしてます。最愛の妻と娘夫婦がいます。
ブログ内検索
アクセス解析
フリーエリア
Copyright ©  マスタージッコの部屋  All Rights Reserved.
* Photo by Kun   * Material / Template by tsukika    * 忍者ブログ [PR]