忍者ブログ
アメリカ、NC州の州都ラレーの日本語教会の牧師をしているマスタージッコ。昔取った杵柄、喫茶店のマスターの時の愛称は今も不滅!
 11 |  10 |  9 |  8 |  7 |  6 |  5 |  4 |  3 |  2 |  1 |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

アメリカの南部バプテスト教会の多くは、学校が夏休みになると、よく各地へのMissionにユースを送り出し、自分の環境とは違った地域や国に遣わせて宣教体験をするプログラムがあります。

そこには毎年多くの青年たちが参加します。

Mission の費用は、アルバイトをしたり、教会でチームのメンバーが車の洗車を公共の場で行ったりと様々な方法で費用を捻出します。教会によっては費用をサポートする為に予算を取っているところもありますが、まず自分たちで費用を集めさせるところが多いようです。そして、最終的には足らない費用を教会がサポートしたり、その為の特別献金を募り、費用が満たされます。このすべての過程が、すでに彼らへの宣教訓練になっているのです。

それは、まず費用が備えられるために主と向き合わなければいけないからです。

 
私の信仰の友人の娘さんが、この夏、宣教旅行に参加する為に、一生懸命その費用を捻出していました。友人も家の仕事で小額の賃金を渡したりしながら彼女が費用を集めるために協力していました。彼女はとても評判が良く、彼女にベビーシッターの依頼がよく来ました。そして、そのお金を貯金します 。しかし、1000ドルを超えるMissionの費用はそう簡単には集まりません。それで、なお主と向き合い、必要を満たしていただく為に祈るのです。そんな中で、様々な方法を用いて、主は費用を満たし始めていかれます。期限が迫ってきたとき、その期日が来て、まだ費用が満たされない友がいます。そんな時、教会が半額を負担するという知らせを受け取りました。そんな中で、その半額を集めるにも集まらない友に、多く集まった信仰の友が自分が集めた分をドネーションし必要を満たします。そのような行為を通して、宣教前にチームの心がひとつとなっていくのです。そのような宣教は、主の御心にかない、神様の祝福にあふれたかけがえのない経験となって、将来のフルタイムの献身者が育てられて行くのです。

私は、高校生の時から、そのような主の取り扱いを受けて育つ彼らを見て、胸が熱くなりました。両親がしっかり、主とつながり、御心に従い、自分たちの分相応をわきまえ、堅実で誠実な信仰生活を送っている子供が、ダビデが主から取り扱われたように訓練されていく姿を見て、そこに確かな活きた信仰と主の業を見ました。

皆さんは、永遠に続く何かに貢献しておられるでしょうか?

 
詩篇の138篇8節には 「主は私にかかわるすべてのことを、成し遂げてくださいます。」(新改訳)

とあります。


神の御国と計画に思いをはせ、将来を見据えて行く信仰を育てていくことは、何ものにも替えられない朽ちない宝を天に蓄えていくことになるのです。

 


PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
マスタージッコ
年齢:
62
性別:
男性
誕生日:
1955/10/13
職業:
牧師
趣味:
旅行、クラシック音楽鑑賞、将棋
自己紹介:
ノースカロライナ州ラーレーの日本語教会の牧師をしてます。最愛の妻と娘夫婦がいます。
ブログ内検索
アクセス解析
フリーエリア
Copyright ©  マスタージッコの部屋  All Rights Reserved.
* Photo by Kun   * Material / Template by tsukika    * 忍者ブログ [PR]