忍者ブログ
アメリカ、NC州の州都ラレーの日本語教会の牧師をしているマスタージッコ。昔取った杵柄、喫茶店のマスターの時の愛称は今も不滅!
 84 |  83 |  82 |  81 |  80 |  79 |  78 |  77 |  76 |  75 |  74 |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『多くの者は言っています。

「だれかわれわれに良い目を見せてくれないものか。」

主よ。どうか、あなたの御顔の光を 私たちの上に照らしてください。』(詩篇46)

「あなたが手を伸ばして主を捜そうとするとき、主は既にあなたに手を伸ばしておられます。神は外出中であったり、昼寝をしておられる方ではありません。神 は、遥かかなたの宇宙の片隅に隠れ、私たちを放ったらかしにしたまま、無関心でいる方ではありません。神は、あなたが願っている以上に、さらに深くあなた との親密な関係を願っておられます。このことを信じてください。」

上記のことばは、アメリカ人のクリスチャン女性、ジョニー・エレクソン・タダさんのことばです。彼女は海で浅瀬に飛び込んで頸椎を折り、肢体まひとなってもう37年が過ぎました。現在アーティストとして、ゴスペルシンガーとして、また伝道者としても世界各国で活躍中ですが、車いすから聞こえる歌声、口で絵筆をくわえて描かれる絵は、神様への感謝であふれています。

神は困難に希望を与え、生きる力をくださり、イエス様にあるいのちによって、新しく生まれた人として用いられます。その秘訣は、感謝する心、讃美する心だと言います。しかし、これらの心は苦しみの中から、神を見上げ、約束のことばを信頼して歩むものだけが受け取れる恵みなのです。

詩篇の作者は言っています。

[新改訳]  詩篇 91                     

91:1 いと高き方の隠れ場に住む者は、全能者の陰に宿る。

91:2 私は主に申し上げよう。「わが避け所、わがとりで、私の信頼するわが神。」と。

91:3 主は狩人のわなから、恐ろしい疫病から、あなたを救い出されるからである。

91:4 主は、ご自分の羽で、あなたをおおわれる。あなたは、その翼の下に身を避ける。主の真実は、大盾であり、とりでである。

91:5 あなたは夜の恐怖も恐れず、昼に飛び来る矢も恐れない。

91:6 また、暗やみに歩き回る疫病も、真昼に荒らす滅びをも。

91:7 千人が、あなたのかたわらに、万人が、あなたの右手に倒れても、それはあなたには、近づかない。

91:8 あなたはただ、それを目にし、悪者への報いを見るだけである。

91:9 それはあなたが私の避け所である主を、いと高き方を、あなたの住まいとしたからである。

91:10 わざわいは、あなたにふりかからず、えやみも、あなたの天幕に近づかない。

91:11 まことに主は、あなたのために、御使いたちに命じて、すべての道で、あなたを守るようにされる。

91:12 彼らは、その手で、あなたをささえ、あなたの足が石に打ち当たることのないようにする。

91:13 あなたは、獅子とコブラとを踏みつけ、若獅子と蛇とを踏みにじろう。

91:14 彼がわたしを愛しているから、わたしは彼を助け出そう。彼がわたしの名を知っているから、わたしは彼を高く上げよう。

91:15 彼が、わたしを呼び求めれば、わたしは、彼に答えよう。わたしは苦しみのときに彼とともにいて、彼を救い彼に誉れを与えよう。

91:16 わたしは、彼を長いいのちで満ち足らせ、わたしの救いを彼に見せよう。

この詩篇はダビデの作、あるいはモーセの作とも言われています。

二人とも聖書を代表する信仰の人で、主をおのれの隠れ場とした人たちです。

ここで使われているヘブライ語の「隠れ場」は、 「セテル」という言葉です。それは隠れること、山の中に潜むこと、包み隠すこと、保護すること、防御すること、プライベートな秘密の場所などを意味します。これは、隠す、隠れている、秘密にしておく、秘密を守る、といった動詞からきています。

  聖書の多くの箇所で、この言葉が用いられていますが、いつも「隠れ場」と訳されているわけではありません。「御翼の陰に、身を避け」(詩篇614節)、「のがれて来る者の隠れ家」(イザヤ164節)などがあります。

「隠れ場」は昼夜問わず、敵の攻撃から逃れる場所であると91篇は語っています。5節、6節の「恐怖」「矢」「疫病」「滅び」は、悪魔のことであると考えられ、91篇には霊的領域の敵も含んでいると思われます。隠れ場がある私たちは、何も恐れる必要がないのです。

 

詩篇の著者は、私たちが隠れ場の「下に(陰に)」とどまると言いました。ところがイエスは、私たちが主の「中に(内に)」とどまると言われました。「わたしが父の内におり、あなたがたがわたしの内におり、わたしもあなたがたの内にいることが、あなたがたに分かる。」(ヨハネの福音書1420節 新共同訳)。   

隠れ場とはどのくらい安全な場所なのでしょうか。サタンは私たちをだまそうとして、そのような安全な場所などないとうそをつきます。そして、狙いを定めて恐怖や不信の矢を投げつけてきます。

困難な時代に、 私たちは悪魔の欺きに反撃し、その代わり隠れた避難所で休息を取ることを選択する必要があります。主ご自身の中にこそ、私たちが住む場所があります。単に時おり訪問するだけの場所ではありません。そこに住むには、私たちがその隠れ場を常に意識していなければいけません。私たちは主と共に「天の王座」(エペソ 26節 新共同訳)に定住しています。私たちはみことばを読めば読むほど、神を礼拝し天上のことを黙想します。そして秘かに住む隠れ場に気付けば気付くほど、私たちの人生は、モーセ、ダビデ、エリヤ、パウロ、そして主イエスの人生の内に見られるすべての素晴らしい特性を現していきます。 

私たちは、主から招待されています。 主の前に静まるとき、この特別な場所の存在に気付かされます。

「静ま1166255744.jpgって、わたしこそ神であることを知れ。」(詩篇461節 口語訳)

主はモーセに「わたしのところに上り」(出エジ2412節)と言われました。

私たちは主の御翼にかくまわれ、嵐の中にあっても平安を持つことが出来るのです。

ハリケーンで大荒れの海でも、海底深いところは、静かでまるで荒しなどないかのように、主に御手にあるとき

どんな状況にあっても平安を持つことが出来るのです。

さあ、主の前に静まり、祈りましょう。 私たちの人生の嵐が過ぎ去るようにと。

 

「祈りは私たちの信仰とたましいを神に注ぐことです。祈るとき、ただ神だけがそのたましいの中におられ、神お一人だけで満足しなければなりません。また、正しい祈りは、神だけを私たちの望み、避け、そのすべてとすることです。真実なる祈りは、私たちを守り、助けることのできる実際的で、価値ある対象が、ただ神の中にだけあるということを表すことです。」 ジョン・バニヤン 著「 天路歴程」より

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
マスタージッコ
年齢:
61
性別:
男性
誕生日:
1955/10/13
職業:
牧師
趣味:
旅行、クラシック音楽鑑賞、将棋
自己紹介:
ノースカロライナ州ラーレーの日本語教会の牧師をしてます。最愛の妻と娘夫婦がいます。
ブログ内検索
アクセス解析
フリーエリア
Copyright ©  マスタージッコの部屋  All Rights Reserved.
* Photo by Kun   * Material / Template by tsukika    * 忍者ブログ [PR]