忍者ブログ
アメリカ、NC州の州都ラレーの日本語教会の牧師をしているマスタージッコ。昔取った杵柄、喫茶店のマスターの時の愛称は今も不滅!
 108 |  107 |  106 |  105 |  104 |  103 |  102 |  101 |  100 |  99 |  98 |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

教会が初代教会から受け継いでいる大切な礼典があります。
この日曜日は、久しぶりに母教会の礼拝に合流し、そこでバプテスマと主の晩餐の恵みに預かりました。
天においては一人の罪びとが悔い改めて神に立ち返ることはとても大きな喜びです。
そして、私たちキリスト者にとっても大きな大きな喜びです。
永遠の家族が一人加わったのですから。
この日、バプテスマを受けたのは母教会の青年二人と、日本語教会から一人の姉妹でした。
FBCでは、一人ひとりの受洗者の為に、身近な家族や教会の友人が蝋燭に火を灯す習慣があります。

この蝋燭の灯りは、マタイの福音書5章13~16節でイエス様が言われた、
これから、世の光、地の塩として神様の召しによって遣わされていくことの証しとして、信仰の原点を忘れないように、蝋燭は記念としてバプテスマの証明書と共に渡されます。

聖書にはこうあります。
[口語訳]  マタイによる福音書        
5:13 あなたがたは、地の塩である。もし塩のききめがなくなったら、何によってその味が取りもどされようか。もはや、なんの役にも立たず、ただ外に捨てられて、人々にふみつけられるだけである。
5:14 あなたがたは、世の光である。山の上にある町は隠れることができない。
5:15 また、あかりをつけて、それを枡の下におく者はいない。むしろ燭台の上において、家の中のすべてのものを照させるのである。
5:16 そのように、あなたがたの光を人々の前に輝かし、そして、人々があなたがたのよいおこないを見て、天にいますあなたがたの父をあがめるようにしなさい。

キリスト者は愛なる神の証人なのです。



PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
マスタージッコ
年齢:
62
性別:
男性
誕生日:
1955/10/13
職業:
牧師
趣味:
旅行、クラシック音楽鑑賞、将棋
自己紹介:
ノースカロライナ州ラーレーの日本語教会の牧師をしてます。最愛の妻と娘夫婦がいます。
ブログ内検索
アクセス解析
フリーエリア
Copyright ©  マスタージッコの部屋  All Rights Reserved.
* Photo by Kun   * Material / Template by tsukika    * 忍者ブログ [PR]