忍者ブログ
アメリカ、NC州の州都ラレーの日本語教会の牧師をしているマスタージッコ。昔取った杵柄、喫茶店のマスターの時の愛称は今も不滅!
 25 |  24 |  23 |  22 |  21 |  20 |  19 |  18 |  17 |  16 |  15 |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Rose-of-Sharon2.gif我が家には3種のシャロンのバラがある。友達から「あれはハイビスカスですか?」と聞かれたことがあるが、そう言えばハイビスカスにも似ている。シャロンのバラは英語名で日本名はむくげという。原産国は中国・インドで学術名はHibiscus syriacus と言い、ハイビスカスの仲間だ。他にフヨウやもみじ葵なども仲間らしい。もうひとつ仲間にアメリカフヨウと言われる大きな花をつける学名Hibiscus moscheutosがあり、木ではないのでクサフヨウとも呼ばれている。毎年芽を出し、夏に花を付けるので鉢植えを買い、裏庭に植えたが、今年も大きな花を咲かせている。


Rose-of-Sharon0.gifむくげは、日本では花の少ない夏場、茶道の世界では欠かせない花だそうだ。むくげは真の花として花器を好まず存在感がある花なのに、意外と身近にありすぎて、そんなに立派で大事な花とは思われていない。 

ところが、この花は隣国の韓国(大韓民国)では、しばしば国の象徴とされ、国章にも意匠化されている。また、韓国内ではホテルの格付けなどの星の代わりにも使用されている。

日本のさくらのように、むくげは韓国の国章に図案化されておりは国家の象徴の一つである。国章は国花のむくげを図案化し、中央には韓国の象徴である太極図をあしらい、中央下部にはハングル文字でで「
대한민국」(大韓民国)と記されている。

Rose-of-Sharon1.gif

むくげはNCでもあちこちに見られる。庭にも農地の境にも植えられているのも見るし、風で種が飛ばされ群生したのか夏の間、けっこう車を走らせているときに見かける。むくげは風通しと日当たりのよい所を好む植物で、虫も好きな木である。我が家のむくげにもいつも蜂が花の中に頭を突っ込んでいる。丈夫な木で、冬に刈り込みを強くする程、次の年よく花が咲く。

一体むくげと呼ばれる由来は何かと調べてみると、韓国の国花で「無窮花(ムキュウゲ)」から略されてムクゲになったとか、もう一つは漢字名で「木槿(モクキン)」がなまってムクゲと呼ぶようになったとか書かれていた。

 

ところでこのむくげ、聖書の中に出てくる英語名がつけられている。旧約聖書のソロモンの雅歌212節に

[口語訳]  雅歌                     

2:1 わたしはシャロンのばら、谷のゆりです。

2:2 おとめたちのうちにわが愛する者のあるのは、いばらの中にゆりの花があるようだ。

新改訳]  雅歌                     

2:1 私はシャロンのサフラン、谷のゆりの花。

2:2 わが愛する者が娘たちの間にいるのは、いばらの中のゆりの花のようだ。

[新共同訳]  雅歌                     

2:1 わたしはシャロンのばら、野のゆり。

2:2 おとめたちの中にいるわたしの恋人は/茨の中に咲きいでたゆりの花。

[NKJV]  Song of Songs  

2:1 I am the rose of Sharon, And the lily of the valleys. The Beloved

2:2 Like a lily among thorns, So is my love among the daughters.

とある。

 

雅歌( 英語では Song of Solomon )とは「歌の中の歌」という意味で、雅歌は単に男女間の愛の歌というだけでなく、花婿なるキリストと花嫁なる教会の間における神聖な愛を歌ったものである。その愛は、「えっ聖書にこんな文章があるの」と言われるくらい、あるところでは非常にリアルに描かれている。また、あるところでは奥深い知恵のことばによって表現されている。

 「私はシャロンのサフラン、谷のゆりの花」と歌われているが、ここでうたわれている「私」とは、花婿であるキリストではなく、花嫁である教会をを指している。

シャロン平野(学名ではエスドラエロン平原)では いたるところでサフランが咲いている。それはこの地ではなんら特別な花ではない。口語訳では「シャロンのばら」と訳しているし、文語訳では「シャロンの野花」と訳している。また、谷のゆりの花はヘブル語ではアネモネであり、これもまた特別な花ではない。以前、イスラエルに10年間おられ聖書研究をされていた牧師からアネモネの写真をいただいたが、真っ赤なアネモネで、これが聖書のいう「谷のゆりの花」と言っておられた。

故に、この聖書のことばは、私のように、自分が特別の人間ではなく、ごく平凡な人間であることを告白している花嫁のことばである。

むくげも、どこにでもある平凡な花ではあるが、隣国では国花として大切にされてように、たとえ平凡などこにでもあるような私たち人間でも、キリストの花嫁として神が愛するほど、神の目には「高価で尊い」存在なのである。平凡な中から、内側にキリストのいのちがあふれるとき、むくげの花言葉にあるような、人に変えられていく。そのように思いながら、今、庭に咲くむくげをいとおしく思う。

 Hibiscus-moscheutos.gif

むくげの花言葉:「尊敬」「柔和」「信念」「デリケートな美」

 

写真は我が家のむくげと直径20cmもある大きなアメリカフヨウ

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
マスタージッコ
年齢:
62
性別:
男性
誕生日:
1955/10/13
職業:
牧師
趣味:
旅行、クラシック音楽鑑賞、将棋
自己紹介:
ノースカロライナ州ラーレーの日本語教会の牧師をしてます。最愛の妻と娘夫婦がいます。
ブログ内検索
アクセス解析
フリーエリア
Copyright ©  マスタージッコの部屋  All Rights Reserved.
* Photo by Kun   * Material / Template by tsukika    * 忍者ブログ [PR]