忍者ブログ
アメリカ、NC州の州都ラレーの日本語教会の牧師をしているマスタージッコ。昔取った杵柄、喫茶店のマスターの時の愛称は今も不滅!
 108 |  107 |  106 |  105 |  104 |  103 |  102 |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

DSC01076.jpg今年はもうはなみずきが満開です。桜も3月中旬に満開になり、散り始めた頃、はなみずきが一斉に開花し始めました。我が家には、州の木でもあるこのはなみずきの木が沢山あります。いつも、つつじの開花と同じ頃なのでとっても綺麗です。

さて、歴史的な根拠はないのですが、イースターの頃に花が咲く“Legend of Dogwood”という言い伝えがあります。
十字の形を見る
と、キリストの十字架のことを思うのはどこのクリスチャンでも同じなのですね。

はなみずき(Dogwood)言い伝えDSC00988.jpg
キリストが磔刑に処せられた時代、はなみずきはオークなどの森の木と同じような大きな木であった。
はなみずきは大変堅く強かったので、磔刑の十字架用材木として選ばれた。
このような残酷な目的に使われたのではなみずきは大いに悩み苦しんだ。
イエスは釘付けにされながらもこのことに気がつき、はなみずきの悲しみと苦しみを優しく憐み、こう言った。
「私の受難に対するあなたの悲嘆と哀れみにより、はなみずきの木は今後十字架に使われるほどには成長しないだろう・・・・」
それからというもの、木は曲がり、花は二つの長い花びらと短いものが十字架の形となった。
花びらの縁は釘の錆と血痕で茶色と赤に染まった。花の中心はいばらの冠を思わせる。
見る人がいつまでも覚えているように・・・。作者不詳


Legend of Dogwood
In Jesus' time, the dogwood grew
To a stately size and a lovely hue.
'Twas strong & firm it's branches interwoven
For the cross of Christ its timbers were chosen.
Seeing the distress at this use of their wood
Christ made a promise which still holds good:
"Never again shall the dogwood grow
Large enough to be used so
Slender & twisted, it shall be
With blossoms like the cross for all to see.
As blood stains the petals marked in brown
The blossom's center wears a thorny crown.
All who see it will remember me
Crucified on a cross from the dogwood tree.
Cherished and protected this tree shall be
A reminder to all of my agony."

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
マスタージッコ
年齢:
62
性別:
男性
誕生日:
1955/10/13
職業:
牧師
趣味:
旅行、クラシック音楽鑑賞、将棋
自己紹介:
ノースカロライナ州ラーレーの日本語教会の牧師をしてます。最愛の妻と娘夫婦がいます。
ブログ内検索
アクセス解析
フリーエリア
Copyright ©  マスタージッコの部屋  All Rights Reserved.
* Photo by Kun   * Material / Template by tsukika    * 忍者ブログ [PR]