忍者ブログ
アメリカ、NC州の州都ラレーの日本語教会の牧師をしているマスタージッコ。昔取った杵柄、喫茶店のマスターの時の愛称は今も不滅!
 1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  6 |  7 |  8 |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回の選挙が初めての投票となった大統領選挙。アメリカの歴史に残る選挙となり、朝刊は売り切れたと聞いた。
投票日前に選挙を済ませた人が38%いるので、比較的投票所は空いており、すぐに投票することが出来た。初めてなので、インターネットであらかじめ、州の投票用紙で確認して投票に臨んだ。

教会では今日投票に初めて行くという事で、スタッフ一同から「おめでとう」と言われた。この国で、投票権を得る事は、それだけ市民の権利としての価値があることなのだ。また、一票に重荷があることも事実だ。今回の選挙はそのことを良く分からせてくれた。

ところで、オバマ氏が次期大統領に選ばれたのだが、NC州ではまだ確定していない。それは、この州は軍の基地が多く、在外投票をした人たちが沢山おり、すべての地域からの結果が分かるのに時間がかかることと、共和党と民主党が50%で分かれているので、最後までどちらが勝つのか分からないからだそうだ。

何事も参加し、経験することに意味がある。選挙権は投票して、初めて政治に対してあれこれ言う権利があると思う。投票もしないで、政治に口出しするのは権利を放棄したのと同じであると考えている。しかし、議論したり、口論する事は私たちに益とはならない。

どちらが大統領に選ばれようと、選ばれた指導者の為に、主にあって最善をとりなし、祈る事はキリスト者の大切な務めである。

パウロはテモテに宛てた手紙の中で言っている。
[新改訳]  テモテへの手紙第一       
2:1 そこで、まず初めに、このことを勧めます。すべての人のために、また王とすべての高い地位にある人たちのために願い、祈り、とりなし、感謝がささげられるようにしなさい。
2:2 それは、私たちが敬虔に、また、威厳をもって、平安で静かな一生を過ごすためです。


ローマ人への手紙13章には、「すべての上にあるもの、権威と呼ばれているものは神から来ている」と書いてあります。だから、権威には従いなさい、と勧めています。権威を知ることによって、私たちのうちに、争いや無秩序ではなく、平和と静かさ、また威厳と敬虔を保つことができるのです。私たちが実際に指導者の為に祈ることは難しいかもしれません。必ずしも自分が投票したい人ばかりではないからです。けれども、実際に主の御心だと知って祈ると、ここでパウロが言いたいことが理解できます。

私たちが日本の首相やアメリカの大統領としての権威を尊重することによって、自分のうちにも権威を尊ばなければいけない思いが生まれるのです。そのことによって神が求めておられる敬虔さや威厳さを保つことができます。

 

ですから、何処の国であっても、州の知事であっても、また子供の学校の校長であっても、その指導者の為に祈ることは大切なことです。なおさら、家庭にあっては、妻も夫もそれぞれの主が与えられた役割を尊重し、仕え合い祈るべきなのです。

 

家庭の中でさえ、祈れないものが、どうして国の指導者の為に心から祈れるでしょうか。私たちは、まず身近な指導者の祝福を祈り、また国の指導者の為に祈ろうではありまえんか。 それが、主の御心なのですから。

PR
今日は大統領選挙の投票の記事を書こうと思っていましたが、生活一般のことで驚いたことがあったのでそのことを書く事にしました。ガソリンの高騰、金融バブルの崩壊、景気の減速、食品の物価高と生活を直撃する昨今で、「えっ、ほんとに」という超安値での買い物ができたからです。

家内が梨が食べたいと言うので、最近Caryにオープンした韓国のお店に買い物に行きました。
先週、梨を買った時、寒くなったので鍋でもしようかと白菜を買ったのですが、店員が家内に「一箱持っていったら、白菜一個とそう値段は違わないよと」と言ったそうです。
そして、今日病院の帰りに寄ってみたら、なんと一箱5ドル95セント。日本円では600円です。
大きな梨が7つと中ぐらいが2つ入っていましたので、一つ100円もしないわけです。
梨は1ケースの大玉が8コ入りで19ドル95セント。これは一玉2ドル50セントぐらいですが、250円と言ったところでしょうか。とってもジューシーな美味しい梨です。

我が家の近所に、OrientalなFood Marketは台湾系、韓国系、そして日本の食材店があり、最近また大きなHarris Teeter(24時間営業の大型スパーマーケット)もオープンしました。このマーケットには自動販売機のレンタルビデオがあり1本1日1ドルです。
最近はガソリンの価格も1年前に戻り、1ガロンが2ドル50セント前後で売られています。
日本の物価高に比べたら、まだまだ住みやすい国です。

これで、国の保険制度が導入され、医療費が安くなれば感謝なのでが・・・。

医療費は目が飛び出るほど高い国です。
私たちも夫婦で保険料だけで、毎月1100ドルを超え、また薬も高額なので悲鳴を上げそうなのですが、保険がないとホームレスになってしまうほど、医療費が高いので、この国では保険はセキュリティーなのです。来年、また月100ドル近く上がります。月々薬代を入れると1400ドル近く。私の保険料は教会が持ってくださっているので、実際は900ドルと言ったところです。

Caryは住居のカウンティーの査定額も2割程度上昇したので、Taxと保険がまた上がります。
この国も政治が変わる事と共に、自分たち自身で生活のありかたをシンプル・ライフへと徐々に変換しなくてはなりませんね。

本当に大切なものは、そう多くありませんから。

food2.jpgfood1.jpg
写真は、白菜と梨の写真です。
今年、やっと苗を植えたさざんかが、4年目でsazannka2.jpgsazannka1.jpg花を付けた。
白と淡いピンクの混ざる美しい花だ。冬に咲く椿と隣り合わせに植えたのだが、
赤い椿もつぼみが大きくなってきている。

さざんかといえば巽聖歌が’作詞した童謡「たきび」の歌詞の2番に出てくる。
聖歌はペンネームなのだが、この名前にキリスト教の匂いがするので、調べてみたら
アメリカ人宣教師である牧師の助手をしていた頃があり、洗礼も岩手の生家のある
日詰町のキリスト教会で受けていたらしい。

さざんかは漢字で山茶花と書く。花言葉は「困難に打ち勝つ、ひたむきさ、謙遜」などとある。
日本のバラとも言われ、東西を問わず愛されている花のひとつである。

この花が咲いたのを見つけた時、なにかほんのりとした暖かさを感じた。
たきびの歌が、幼い頃の数々の思い出をよみがえさせてくれた。

「たきび」

作詞:巽聖歌  作曲:渡辺茂

 

1.かきねの かきねの まがりかど
たきびだ たきびだ おちばたき
「あたろうか」「あたろうよ」
きたかぜぴいぷう ふいている

2.
さざんか さざんか さいたみち
たきびだ たきびだ おちばたき
「あたろうか」「あたろうよ」
しもやけ おててが もうかゆい

3.
こがらし こがらし さむいみち
たきびだ たきびだ おちばたき
「あたろうか」「あたろうよ」
そうだん しながら あるいてく

  秋になって、病院通いの日々の上、また私が留守をするので、気分が重くなるという家内を連れ出して、fm1.jpgラレーのファマーズマーケットに出Fm2.jpgかけてみた。そこには、秋になると沢山のパンプキンが並ぶからだ。


そこで撮ったパンプキ
ンの写真を見ながら、ふっと若い頃の歌を思い出した。


さだまさしさんのパンプキンンパイとシナモンティー。1979年の作品だ。

当時持っていたレコードは渡米のときに処分したので、手元には音楽はないのだが、当時喫茶店を経営していて、良く

さだまさしさんの曲も大好きでお店で流していた。コンサートにもよく行った。

この曲の中にコーヒー・ベーカリー「安眠(あみん)」という歌詞がある。

シンガーの岡村孝子さんが加藤さんと組んだDuo「あみん」は、ここからとられたというエピソードがある。あみんの「待つわ」と共に、青春時代が蘇った、ほのぼのとした気分になった。

是非、歌詞を読みながら、情景を想像してみてください。

パンプキン・パイとシナモン・ティ

作詞/作曲・さだまさし

 

二丁目の交差点から17軒目で  時々走って2分と15秒
平均112、3歩目に我等のコーヒー・ベーカリー「安眠(あみん)」がある


お人好しのマスター三十六  独身の理由(わけ)は
引っ込み思案で照れ屋でまぬけの複雑な性格による


コーヒーは確かにうまい  でも僕等男には
理解出来ないが  娘等はここのかぼちゃパイが美味しいという


パンプキン・パイとシナモン・ティに  バラの形の角砂糖ふたつ
シナモンの枝でガラスに三度  恋しい人の名を書けば
愛が叶えられると  娘等は信じてる

ミス・パンプキンのいつもの座席は  窓際のゴムの木の向こう側
背は高からず低からず  容姿端麗  彼女は僕等の憧れの的


実は不敵にもマスターが  このマドンナに恋をした
まぬけないじらしさ見たさに  授業を抜け出して来てるのに


ちっともらちがあかないマスターは照れ屋でまぬけだから
たった一言かけた言葉が  事もあろうに「毎度ありがとう」


日頃のお世話に感謝をこめて  僕等はまたまた授業抜け出して
シナモンの枝でガラスにラブ・レター  ミス・パンプキンに差し出した

 

ところが急に店を飛び出した彼女の
背中とマスターの半ベソ交互に見くらべ
僕等は立場失くして  ひたすらうろたえた

それからしばらくして  マスターはお陰さまで嫁さんをもらった
相手がミス・パンプキンかどうかは  ああいう性格だから白状しなかった


ただそれから僕等の待遇が良くなった事と
僕等の追試が決まった事の他(ほか)に変わりはない


二代目ミス・パンプキンは  なかなか現われないけれど
此頃(このごろ)すこうし僕等にも  かぼちゃパイの味が分かってきたところ


パンプキン・パイとシナモン・ティに  バラの形の角砂糖ふたつ
シナモンの枝でガラスに三度  恋しい人の名を書けば

パンプキン・パイとシナモン・ティに  バラの形の角砂糖ふたつ
シナモンの枝でガラスに三度  恋しい人の名を書けば

 

先日、オアシスという大阪の梅田にあるキリスト教書店で読まれている信仰書のベスト10の中に、家庭のことを話題に書かれた本、「愛を伝える5つの法則(原題:The Five Love Languages)」ゲーリー・チャップマン著(Gary Chapman)が入っていた。氏は哲学博士で、全米で結婚セミナーを主催し、キリスト教界外でも広く知られている。著書も沢山あるが、現在2書が翻訳されている。

 

この書籍は、Greenvilleに住む姉妹が、そこに住む日本人の家庭の祝福を願い私に日本からの購入を依頼してきた本である。

彼女は、私が紹介したドブソン博士のファミリーフォーラムUSAから、この本のことを知ったらしい。私の友人サミー・ベネディクト宣教師の弟で、やはり、日本で宣教師として仕えておられるジョナサン・ベネディクトさんが、日本のファミリー・フォーラム・ジャパンに記事を書いておられ、彼の著書もあるのでこのウェブページに久しぶりにアクセスしたら、内容も充実しており、家庭や夫婦生活、子育てに関する記事を沢山読むことができることを知った。

 

今日は、是非このページを紹介したい。

 

ジョナサンには10人の子供がいる。日本でこの時代に10人のわが子を育てておられる彼が、家族のエピソードを交えながら書いておられる記事に、父のポールさんのことがあり、胸が熱くなった。

ポール先生は、私たちにとっても、本当にすばらしいアメリカの信仰の父だった。信仰の母スー先生は、今80歳を超えておられるのに、再び、いや三度、日本人の救魂のために6ヶ月単身で日本に行かれている。

信仰の良い実は、このような両親によって次の世代に確実に引き継がれていく。

 

聖書に基づいた、祝福される家族のありかたを、是非ここからも学んで実践してほしいと切に願っている。

さわりを少し・・・後は直接アクセスして記事を読んでください。PDFファイルで読めます。

 

男の子と父親 ジェームス・ドブソン

 米国のビル・グラスという伝道者が25年間毎週のように刑務所を訪れ、服役囚のカウンセリングを行って来ました。それによると、面接した何千人もの囚人の中で、父親を慕う者は一人もいなかったそうです。

 

ファミリー・フォーラム・ジャパン・・・・ ffj.gr.jp

♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
マスタージッコ
年齢:
62
性別:
男性
誕生日:
1955/10/13
職業:
牧師
趣味:
旅行、クラシック音楽鑑賞、将棋
自己紹介:
ノースカロライナ州ラーレーの日本語教会の牧師をしてます。最愛の妻と娘夫婦がいます。
ブログ内検索
アクセス解析
フリーエリア
Copyright ©  マスタージッコの部屋  All Rights Reserved.
* Photo by Kun   * Material / Template by tsukika    * 忍者ブログ [PR]