忍者ブログ
アメリカ、NC州の州都ラレーの日本語教会の牧師をしているマスタージッコ。昔取った杵柄、喫茶店のマスターの時の愛称は今も不滅!
 46 |  45 |  44 |  43 |  42 |  41 |  40 |  39 |  38 |  37 |  36 |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回のTNへのMissionで久しぶりに中部テネシー日本語補習校の運動会を見学できました。

MTSUのグランドが校舎が建つという事で、現在のエレメンタリースクールで運動会を持つようになったのは私の在職中で加藤校長先生の時でした。運営委員の父兄と一緒に、前日に会場準備にいったり、毎週、プログラムの競技の練習をしたものでした。

先生方も随分替わられましたが、情熱を持って講壇に立ち続けている先生方と再会できうれしく思いました。同じように時々講壇に代教で立っていた娘の結婚したことも話題になり、皆がまだ学生のように思われてか、信じられないようでした。

10年間、この補習校で勤めさせていただいたのですが、今も運動会のプログラムの中でフォークダンスが続けられていて、非常に懐かしく思いました。

丁度見学に行ったとき、子供たちの長距離走が行われており、父兄で一緒に走っておられたKさんのご主人がおられました。子供にとってお父さんが頑張っている姿はうれしいものです。きっとKさんのお子さんも、入賞したお父さんの後姿を頼もしく思ったことでしょう。

ところで、フ
mtjs2.jpgォークダンスの定番といえば、マイムマイム、オクラハマミキサー、ジェンカが真っ先に思い浮かぶが、今年の運動会でも、マイムマイムとジェンカが踊られていました。

最初に踊られていたマイムマイムは、イスラエルのフォークダンスで、聖書の預言がおよそ2000年後に成就した出来事で、第二次世界大戦の後、世界中からイスラエルの地に戻ってきたユダヤ人が「国を建て、新しい息吹のもとに、荒れ果てた未開不毛の地に希望の「水」をひいて開拓に励む喜び」を表した歌です。この曲の歌詞は旧約聖書のイザヤ書12章3節をそのまま歌詞にしたものです。

[新改訳]  イザヤ書                 
12:3 あなたがたは喜
びながら救いの泉から水を汲む。

[NKJV]  Isaiah         
12:3 Therefore with joy you will draw waterFrom the wells of salvation.


それ故、イスラエルへのユダヤ人の帰還は神の救いの喜びを表しています。

日本にこの曲が定着したのは、1963年に’来日されたイスラエル人女性グーリッド・カドマンさんが、イスラエルの振り付けをそのまま指導されて定着し、現在に至っています。

マイムとは水のことで、与えられた恵みを、泉(井戸)から水を汲むように、その周りで輪になって踊る様子を表す、神への感謝、喜びの讃美なのです。

ハレルヤ(主を賛美しますという意味)ということばと同じように、主に心から喜びを捧げる踊りなのです。
聖書の中で、生ける水はキリストの御霊を意味し、神のいのちを象徴しています。 

皆が輪になって踊る様子を見ながら、神を賛美しました。

写真はマイムマイム
mtjs3.jpg15561cde.jpegとジェンカを踊っている様子と、懐かしい先生方の写真も・・・



PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
マスタージッコ
年齢:
61
性別:
男性
誕生日:
1955/10/13
職業:
牧師
趣味:
旅行、クラシック音楽鑑賞、将棋
自己紹介:
ノースカロライナ州ラーレーの日本語教会の牧師をしてます。最愛の妻と娘夫婦がいます。
ブログ内検索
アクセス解析
フリーエリア
Copyright ©  マスタージッコの部屋  All Rights Reserved.
* Photo by Kun   * Material / Template by tsukika    * 忍者ブログ [PR]