忍者ブログ
アメリカ、NC州の州都ラレーの日本語教会の牧師をしているマスタージッコ。昔取った杵柄、喫茶店のマスターの時の愛称は今も不滅!
 17 |  16 |  15 |  14 |  13 |  12 |  11 |  10 |  9 |  8 |  7 |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


レイクウッドの町にある透析センターに、デンバー滞在中は通院している家内は、ここでも早朝の予約が取れていた。

透析センターに午前5時40分までに入るのだが、ケアリーの透析センターと違い、付き添う家族も12歳以上なら、手を消毒して中に入る事が出来る。初めて透析をしている患者やそこで働く看護士たちの様子を直接観察することが出来た。職員はとても親切で、センター内は清潔でゆったりしている。

家内がここのセンターの職員はよく動き、仕事が機敏だと言っていたが、24時間態勢のセンターが効率よく患者をローテーションさせる手際よい仕事ぶりは、日本の看護士の仕事ぶりを思い出させた。

昨日は、透析後に家内の新しいパスポートを取りにデンバーのダウンタウンに出かけた。初めてのダウンタウンの運転は一方通行の道路ばかりで、目的地に着くのに大変苦労した。その上、間違って歩行者天国の通路に入ってしまった。

デンバーは大きな都市で、ダウンタウンには高層ビルが建ち並び、日本領事館もそのうちの一つのビルの30階に事務所を構えている。

路上に駐車できるパーキングメターのある場所が多いのだが、昼食時間にダウンタウンに到着したため、領事館のビルのある17thストリートの近くに停めたものの、そこから7ブロックも先である事が判った。

透析後の家内を連れてかなり歩いた後、駐車料金に1時間分しかコインを入れなかったので、用事を済ませて時間までに戻れないと思い、引き返して近くのパーキングを探した。近くを2周まわったが、路上は開いていなかったので直ぐ前の商業ビルの駐車場に止めた。2時間で14ドル。路上は2時間以上は駐車できないが2時間で2ドル。なんと7倍の差。日本並みの料金だ。

市内は歩行者が圧倒的で、働く人たちもスマート。歩くスピードが速い。都会は病人には過ごしにくい世界だ。

二人の結論は、住み慣れたほどよく便利な小都会のノースカロライナのRTPが快適だということだった。

一方、娘達の住むゴールデンはケアリーと似た住環境で比較的過ごしやすい。交通の便も良い。公園やハイキングコースが多く、ロッキーマウンテン国立公園の入り口にも位置し、ダウンタウンも観光地らしくこぎれいで散歩するにも適していた。町の中心を清流が流れ、川下りも出来る。
ビールメーカーのクアーズはここで1873年に創設され、ダウンタウンの川に面した地に今も工場がある。雪解け水のヒンヤリした清流は、ビールの醸造に適していたのだろう。

今日はいよいよ、ロッキーマウンテンに行く予定だ。

それでは、また。

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
マスタージッコ
年齢:
61
性別:
男性
誕生日:
1955/10/13
職業:
牧師
趣味:
旅行、クラシック音楽鑑賞、将棋
自己紹介:
ノースカロライナ州ラーレーの日本語教会の牧師をしてます。最愛の妻と娘夫婦がいます。
ブログ内検索
アクセス解析
フリーエリア
Copyright ©  マスタージッコの部屋  All Rights Reserved.
* Photo by Kun   * Material / Template by tsukika    * 忍者ブログ [PR]