忍者ブログ
アメリカ、NC州の州都ラレーの日本語教会の牧師をしているマスタージッコ。昔取った杵柄、喫茶店のマスターの時の愛称は今も不滅!
 108 |  107 |  106 |  105 |  104 |  103 |  102 |  101 |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

数日前から、庭のさざんかが咲き始めた。2年前に自宅から歩いて7分ぐらいのところに公園が出来たのだが、その公園の予定地の敷地内には当初一件民家があり、公園の為に家ごと代替地に移ったようだった。この地域の家は建設年代が比較的古く、庭の木々はみごとで、もともと沢山の季節の木々が植わっていた。公園はその敷地をうまく利用している。

日本でも地方に行くとさざんかの木の垣根を見かけることがあるが、この家も家の裏庭との敷地の境界にさざんかが植えられており、高さが5メートルぐらいの背丈の大きな木になっている。

 ffe89c80.jpeg我が家のさざんか咲く頃はいつも、このさざんかの垣根は花が満開で見事だ。

NCは緯度も東京都と同じぐらいで四季があり、日本でみられる木々や草花がほとんどなんでもある。海あり、山ありで故郷を思わせる田舎の風景にも似たものがあって、この地が大好きだ。自然の中に神の息吹が感じられ、車で街の中を走るだけでもとても落着く。

日常の生活にストレスを感じる日があっても、この息吹でいやされることが多い。

詩篇の中で、「神の恵みはとこしえまでと」歌われているが、生活の中に神の恵みを感じずにはいられない。なんと幸いなことだろう。

数年前から花々や野鳥など自然の写真を撮り始めたが、小さな野の花の中にも驚くべき創造の業を見る。

創造の業に目を向けられるようになるなら、神に耳を傾けるのは、さほど難しいことではない。神に耳を傾けると、目の前にある気付かなかったことに目覚める。また、そのような中で、ひたすら心を神に向けること、それは神への祈りとなる。

早朝、人々が目覚める前に、起きる事が習慣化したこの頃、夏には朝日と朝焼けを、今は空の満天の星を見上げることができる。感嘆する事の多い毎日に感謝。

「主に感謝せよ。主はまことにいつくしみ深い。その恵みはとしえまで。」詩篇1181

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
マスタージッコ
年齢:
61
性別:
男性
誕生日:
1955/10/13
職業:
牧師
趣味:
旅行、クラシック音楽鑑賞、将棋
自己紹介:
ノースカロライナ州ラーレーの日本語教会の牧師をしてます。最愛の妻と娘夫婦がいます。
ブログ内検索
アクセス解析
フリーエリア
Copyright ©  マスタージッコの部屋  All Rights Reserved.
* Photo by Kun   * Material / Template by tsukika    * 忍者ブログ [PR]